FURAIBO225

FURAIBO225を購入しました。

中短期スイングの裁量教材ながら、シンプルなトレードルールで、
初心者からでも運用できる内容になっています。

また、エントリーやエクジットのロジックも明解で、
誰が行っても同等の結果が得られる再現性も高い。

今まで裁量トレードの商材と言えばデイトレが中心でした。

シストレよりも裁量の腕を磨いてトレードした方が良いと分かっていても、
ザラ場中時間がとれない方には
なかなか手を付けることが出来ないのが難点でした。

FURAIBO225はスイングで月のトレード回数も多くて数回で、
かもエントリー、エクジットは
ナイトセッションのオープニング(16:30)で仕掛けます。

最も習得しやすい裁量トレード

セールスページにも書かれていますが、

の3つが基本で、エントリー後はLCの設定をするくらいです。

FURAIBO225のメリットは

  • ルールがシンプルで憶えやすい、慣れれば数分で出来る
  • ザラ場に張り付く必要がないので、忙しい方でも可能
  • シストレよりも高パフォーマンス、ドローダウンも少ない
  • トレード技術が身につく

デメリットは

  • 慣れるまで練習が必要(推奨1ヶ月)
  • 上手い裁量デイトレよりはパフォーマンスは落ちるかも
  • シストレやシグナル配信よりは手間がかかる

利用するテクニカル

セールスページに記載されていますように、【ストキャスティクスからのサイン】
【MACDからのサイン】【ボリンジャーバンドからのサイン】が基本です。

他にもエントリーサインはありますが、
この3つのテクニカルが根幹になっています。

他のいろいろなトレード手法を見てもMACDと
ストキャスティクスを利用するものがメインストリームになっていますね。

もちろんパラメーターの設定はFURAIBO225独自のものになります。

マニュアルでは
松井証券のネットストック・ハイスピードでのチャート設定になっていますが、
同じ設定が出来れば他の証券会社のツールでもOKです。

私はマネックス証券のマネックス・マーケットステーションで
同じ設定ができました。(これって松井証券と同じものなのでは?)

 

風見鶏のマネックス・マーケットステーションに
設定した画像

 

エントリー判断には2つのファイルターでリスクを回避

FURAIBO225独自の2つのフィルターにかけて極力ダマシを開始します。

セールスページでも伏せ字になっている重要な部分です。

特典のシグナル早見表にわかりやすくまとめられていますので、
慣れるまではこれを利用すれば便利です。

ロスカットはトレーリングストップ

値動きによってLCのポジションを変更して、損失を低減したり、
利益を確保します。

自動ではなく、これも一定のルールに則って行います。

この方法によって大きく利益を確定する場合もありますので、
しっかり身につけておきたい。

高いパーフォーマンスと再現性

過去成績のエクセル資料が付いていますので、
2011年からの成績、エントリー、エクジットの条件などが分かります。

頑張って鍛錬すれば同等の成績が実現可能だと思われます。

2015年3月にブラッシュアップされていますので、
こちらの記事もお読みください。

特典付きお申し込み

★風見鶏の特典対象
★投資書籍プレゼント対象

  • 販売形態:買い切り型マニュアル
  • 手法:裁量トレード
  • スタイル:スイング
  • 販売元:菅原 弘二
  • 価格:24,800円

コメントは受け付けていません。