プラスOP(日経225先物オプションサヤ取り)

プラスOP1

この手法は今年も調子が良いようです。
販売者のトレード実績は既に昨年の実績を越えています。

プラスOPの手法、さや取り(裁定取引)とは
価格差を利用して取引し利ざやを稼ぐ方法です。

門外不出だったその手法とはどんなものなのでしょうか?

プラスOPは日経225先物とオプションのさや取り

指数先物で有名なのはTOPIXと日経225を組み合わせたさや取りです。
他にも商品先物やCFDなど色々な組み合わせがあります。

今回ご紹介する「プラスOP」は日経225先物(ラージ)と
日経225のオプションを利用した裁定取引です。

この組み合わせはオプショントレーダーの中では
よく使われているのですが、裁量によるものが多く、
ルールやロジックとして公開されているものは余り見たことがありません。

「プラスOP」のルールは「え、これだけ」と
思ってしまうくらいとてもシンプルです。

市場の動向など関係ありません。
ただ淡々とルールに則って売買を繰り返すだけです。

セールスページに面白いことが書いてあります。

そんなに儲かるのなら
「なぜ、同様の投資法が知られていないのか?」

回答として3点あげられています。

  • 同じような方法にたどり着いた人は、秘密にしている。
  • 近いレベルまで気がついても、最適な組み合わせが見つからない。
  • 無限に近い組み合わせがあり、検証が大変なため、見つけられないか、見つけても、誰にも言いたくないのだと思うようになりました。

なるほどなと思いました。

ホントに儲かる手法なら人には言いたくないでしょうし、
この手の取引のルール化というのはホントに難しいのです。

FXでは通貨ペアを利用したさや取りのロジックは
いくつかリリースされていますが、それでも少数派です。
やはり他の手法と比べてルール化するのが難しいのだと思います。

ルールは簡単すぎるほど簡単

「プラスOP」はナイトセッション寄り付きで仕掛けます。
ロスカット値を設定し、翌日の15:10大引で手仕舞いします。

その間、利益が出ていればいつ止めても良いでしょう。

オプション取引に多く見られるようなポジションの長期持ち越しはありません。

取引するのは日経225先物(ラージ)とオプションの●●の●●、
この2種類だけです。

推奨資金は150万円以上になっています。

気になる成績は

2013年は+210万円(9~12月の4ヶ月間)。
2014年は+353万円。
2015年は+370万円。

これは販売者の成績ですが、
実はオプションを選ぶ時に幅がある程度ありますので、
これに近い数字になっても、誰もが全く同じ成績になるわけではありません。

でも、よほど下手を撃たない限りしっかり利益が出せると思います。

超初心者はやめておいた方が。。。

ルールは簡単ですが、
日経225先物って何?オプションって何?
と言うレベルの方はやめておいた方が良いかも知れません。

基本的にこのマニュアルは
225投資の経験のある方が想定されており、
全くの初心者のサポートは対象外になっているからです。

別途、高額な初心者向けの完全サポート版もあるようです。

特典付きお申し込み

風見鶏の特典と投資書籍プレゼント対象です。

風見鶏自作システム全サイン閲覧サイトご招待


特典付きお申し込みはこちら

コメントは受け付けていません。