成功報酬型自動売買 システムトレードオン

システムトレードオン

投資顧問のデイボード株式投資顧問より
自動売買の決定版的なシステム「システムトレードオン」が登場。

沢山のシステムがつまったサービスですが、
ユーザーはその中からお好みのものを選択して自動売買することになります。

サーバー(VPS)も販売元のデイボードが用意してくれますので
セッティングさえすれば、 PCを立ち上げる必要もありません。

自動売買のシステムも、ロジックもすべてデイボードの自前です。
これは自動売買には 安定性から考えてかなり重要な点です。

自動売買のシステム運用の部分を他の業者に委託している場合、
自社で自動売買システムをメンテナンスしていないため、
エントリーされなかったり、決済がされずに建玉が残ったり、
オーダーが重複したりなどの様々な不具合が報告されています。

また、トラブルの対応も後手後手になってしますようです。

なので、自動売買の場合、自前で全てのシステムを用意している
というのはとても大切なことだと考えます。

ロジックの種類

現在以下のロジックで稼働中ですが、
ロジックに関しては今後随時追加されます。

  • スクトル225(ラージ、ミニ)
  • 日経225先物・トピックス先物 裁定取引自動売買 銭亀NT(ラージ・ミニ)
  • miniセーリング
  • 現物株 自動売買

今後の予定として
個別株アービトラージ
日経225先物コピートレード
日経225先物ザラ場中のスキャルピング などがあります。

料金は成功報酬

システムの維持・使用料として年会費が必要です。

また、利益が出れば成功報酬25%が必要です。

コースによって年会費が変わりますが、
これは使えるロジックの種類とマイナスになった時の
成功報酬の処理方法に関わってきます。

シルバーコースとゴールドコースは利用できるロジックの数が異なりますが、
成功報酬の計算がロジック毎になり、トータルでマイナスでも
利益が出たロジックがあれば25%の成功報酬が必要です。

ゴールドコースとプラチナコースは利用できるロジックの数は同じですが、
成功報酬の計算が利用したロジックトータルになり、
全体でマイナスであれば、成功報酬は発生しません。

マイナスの繰り越しも全体での計算になり、
プラチナコースは年会費が高いですが、資産が増えてこそ
成功報酬を払うという最もリスが少ない設定になっています。


システムトレードオンの成績

平成28年10月までの成績は以下のようになっています。

合計の成績はラージは各システムラージ1枚とminiセーリングはミニ10枚で運用、
ミニは各システムミニ1枚で運用した場合の数字になっています。
現物株の成績は含まれておりません。

今のところシルバーコースにないのは「現物株」の自動売買ですが、
”少ない資金で先物ミニだけを”という方には十分な内容です。

ちなみに9月までの成績で成功報酬などを計算して手元利益を考えると、
プラチナコース(ラージ各ロジック1枚づつ)の場合

総利益10,475,000円(手数料除く)、成功報酬2,968,650円
差し引き7,506,350円(手数料除く)が手元利益になります。

ラージで運用していれば、ここから年会費248,000円を払うぐらいは
問題はないと思います。

ミニ1枚づつの場合は手元利益も70万円ぐらいになってしまいますので、
できれば2~3枚エントリーできるぐらいの資金で運用したいですね。

特典付きお申し込み

  • 販売形態:自動売買 成功報酬型
  • トレードスタイル:寄り引け+オーバーナイト
  • 販売元:デイボード株式投資顧問 東海財務局長(金商)109号
  • 年会費:シルバー会員129,800円
  • 年会費:ゴールド会員148,000円
  • 年会費:プラチナ会員248,000円

風見鶏の特典対象
★投資書籍プレゼント対象
投資書籍キャンペーン小

風見鶏自作システム全サイン閲覧サイトご招待

特典付きお申し込みはこちらから

コメントは受け付けていません。