【相場師朗】 7step株式投資メソッドが4月25日で販売が終了になります

相場師朗(あいばしろう)氏の「7step株式投資メソッド」が2018年4月25日で販売終了になります。

2013年のリリースからベストセラーのトレード教材として、多くの人に称賛されています。

株式相場において上昇下落すべてを利益に変える方法、それがうねり取りです。

そしてプロでも難しいとされるうねり取りを極めた人物が、相場師朗氏です。

「7step株式投資メソッド」は動画中心の教材

「7step株式投資メソッド」は本編動画 2時間13分、追加動画 7時間16分の動画が収録され、動画中心の教材になっています。

誰にでも分かりやすくするために動画中心となったようですが、中にはテキストもあったほうがいいなと思われる方もいるでしょう。

そんな方には相場師朗氏は書籍も出しているので下記の書籍をオススメします。
「7step株式投資メソッド」との内容の対比も載せておきました。

なお書籍「株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)」は風見鶏の書籍プレゼントキャンペーンの特典書籍の一つです。「7step株式投資メソッド」と書籍の両方を入手すれば「うねり取り」の理解がより一層深まるのではないでしょうか。

うねり取りとは

『うねり取り』は江戸時代からの米相場の相場師が行っていた手法で、歴代の大相場師がこの手法で名をあげてきました。

『うねり取り』とは簡単に言えば、特定の固定銘柄をの価格変動周期の上げ下げに合わせて「買い」と「空売り」で大きな利益を獲る手法です。

底値や天井を見極めるというのは極めて難しいことですが、この『うねり取り』のテクニックを利用することによって結果的に底値圏で買って天井圏で売る、またその逆も可能になります。

分かりやすい動画がありますので、ご覧下さい

第1話

第2話

第3話では実際の『うねり取り』の解説です。

何故、東証1部などの大きなで、固定銘柄を決めてトレードをするかと言えば、昔から「三月またがり60日」言われるように、3ヶ月ごと、あるいは60日ごとの周期で上げ下げの波を繰り返す習性があり、また、1つの銘柄を追うことによってその銘柄独特の癖を掴めるからです。

ファンダメンタルズはほとんど考慮しません。チャートのリーディングと建玉操作、ツナギ売買のテクニックのみで、どんな状況も乗り切っていきます。

相場師朗さんが「株は技術だ」と言い切るだけあって、『うねり取り』はかなり高度なテクニックですね。

2018年4月25日にて完全販売終了

本気でこの手法を体得しようと覚悟がない人には難しいことだと思いますが、『うねり取り』を身につけてバリバリ稼いでいる人もいることは事実で、あの与沢翼なども相場師朗氏に弟子入りし、今や株で巨万の富を築いたそうです。

相場師朗氏の今後の活動は「相場ゼミ」が中心になっていくように思いますが、これは30万円近い高額商材です。

金額を考えると誰もが気軽に参加できるものではありませんので、興味のある方は今のうちに「7step株式投資メソッド」を手に入れておいた方が絶対お得です。

投資書籍プレゼント対象にいたしました。★風見鶏の特典対象

投資書籍キャンペーン小

風見鶏自作システム全サイン閲覧サイトご招待

  1. 販売形態:株式トレード動画マニュアル
  2. トレードスタイル:うねり取り(スイング)
  3. 販売元:ウイニングクルー株式会社
  4. 価格:32,184円

特典付きでのお申し込みはこちらから

コメントは受け付けていません。