「誰も教えてくれなかった日経225オプション 寄り引けデイトレシステム」がリリースされました。

日経225オプション

「日経225オプション」の商材では大変珍しい【寄り引けデイトレ】システムがリリースされました。

オプションの取引は「難しいようで簡単に見えるが、実は奥が深い」というのが私の印象で、いろんなマニュアルを読んでも、結局自分一人の判断で取引するのはななか難しいものがあります。

なので、自分で判断せずに済む「シグナル配信」が商材の中では主流です。

そして取引の手法はSQからSQまでのスイングというのが基本で、その期間中にある程度のポジションチェンジを行うものがほとんどです。

販売者は数あるオプション戦略の中から得意の「スプレッド取引」や「コンビネーション取引」を駆使して、売買シグナルを発信します。

【オプション戦略】でググってみてください、かなりの数の手法が存在します。

レンジ相場にめっぽう強いオプション取引

相場の70%が、それほど値動きが激しくない「レンジ相場」と言われています。

そんなレンジ相場に強いのがオプション取引です。

暴落や暴騰がない限りかなりの確率で利益を得ることができます。

その反面「暴落」「暴騰」には思わぬ損失を被ってしまうこともしばしば。。。

「ひまわり証券」や「トレーダーズ証券」が日経225から手を引いたのは、このオプションでの損失が原因でした。(3.11の時です)

もっとも両者は無茶な取引をしていたという話もありますが、

スイングじゃなくてデイトレの方がリスクは少ない

その思いがけない「損失」もSQ~SQまでのスイングではなく日計りのデイトレならリスクも限定されたはずです。

そういう意味ではこの「日経オプション・寄り引けシステム」というのは
かなり魅力的で、待ち望んでいたユーザーもいらっしゃると思います。
実はオーバーナイトシステム
「寄り引け」と歌っていますが、実は、普通にある寄付でポジションを建てて
大引けで決済する」タイプではなく、反対に、大引けで2枚のポジションを建て、
翌朝の寄付で決済するオーバーナイトになります。

午後3時15分に2枚のポジションを建て、翌朝の寄付午前9時で決済します。

エントリー率は85%程度、推奨資金は400万円とされています。

日経225オプション 寄り引けデイトレシステムの成績

28年間無敗と書かれていますが、正直にバックテストの結果とも書かれています。

これからも有効に働くシステムである可能性はありますが、
未知数と言わざるを得ません。

やはりリアルトレードの期間が欲しかったですね。

2017y07m24d_175304328

バックテストでは平均年間100万円程度の利益(手数料差し引き済み)。

《エッセンス版》と《詳細版》の違い

商材の基本構成は以下のようになっています。

(1)売買ルール、パラメータ、スペックの解説
(2)バックテスト結果データ
(3)メールサポート

《詳細版》ではパラメーターを変化させた時のバックテストの結果や
他のバリエーションなどが紹介されています。

1

ボタン1発でサインが出るシステムやファイルはついてこない

日経平均の値動きを確認した後、簡単な四則演算を行って当日エントリーするか否か、する場合はどの銘柄(権利行使価格など)のオプションを売るのか買うのか、決定しますので、暗算・筆算でも出来なくはないですが、100均レベルのものでいいので電卓があると便利かと思います。

と記載されているように売買ロジックを参照し自分で計算することになります。

売買ルールと計算結果を照らし合わせてエントリーを決めるというのは面倒な気がしますが、オプションの権利行使価格や限月はかなり細かく分かれていますのでいたしかたないのでしょうか?

《エッセンス版》68,000円 《詳細版》122,000円とかなりお高いシステムなので、
せめてエクセルのマクロを使って自動で売買指示が出るようにして欲しかったですね。

「日経225オプションのデイトレ・システム」という着眼は良いと思いますが、
もう少し安くて、手間のいらないオートマチックなシステムだったらいいのにねぇ。

特典付きお申し込み

★風見鶏の特典対象
★投資書籍プレゼント対象
風見鶏自作システム全サイン閲覧サイトご招待

投資書籍キャンペーン小

  • 販売形態:日経225オプション買い切り型マニュアル
  • 手法:システムトレード
  • スタイル:オーバーナイト
  • 販売元:武藤 洋一
  • 価格:《エッセンス版》68,000円 《詳細版》122,000円

特典付きお申し込みはこちら

コメントは受け付けていません。