「ArbiMaster D3 高度なアルゴリズムの完全自動サヤトリツール」3ヶ月ぶりに募集再開!期間限定2017年5月8日(月)まで

Arbimaster-D3

お待たせしました!!
ArbimasterD3の一般募集が3ヶ月ぶりに再開されました!
募集期間:~2017年5月8日(月)まで

2017年3月からは新たにR4ストラテジーを搭載し、
今まで以上の利益を狙うことができるようになりました。

また、システムの軽量化を施し、
複雑なシステムにも拘わらすスムーズに自動売買が実行されます。

「ArbiMaster D3」はNT倍率を利用した日経225先物とTOPIX先物の
裁定取引(サヤ取り)の完全自動売買システムです。

サヤ取りシステムとしては珍しい完全買い取り型のツールです。

開発者は日経225先物のシステムトレード・自動売買で有名な
225LaboというWebサイトを立ち上げた三澤勇一さんです。

225Laboはご存じの方の多いかと思いますが、
私もシステム作りの時のデータ取得の為に良く利用させてもらいます。

現在三澤さんは225Laboを既に売却され、
「神の数式研究所」というサイトを新たに運営なさっています。

制作なさったシステムは、のべ300本以上、
まさにシステムトレードプログラミングのオーソリティです。

ArbiMastarD3の動画解説

「ArbiMaster D3」の使い方については下の動画をご覧くさださい。

普通にイメージするサヤ取りよりかなり複雑なアルゴリズムを利用していますが、
全自動なので日々の使い方はファイルを開いて「Start」を押すだけです。

低リスクで利益を積み重ねる手法ですので、
ギャンブル的な一攫千金を狙う方には向いていませんが、
手堅く資産を増やしたい方には良いのではないでしょうか。

この手法の大きなメリットは暴騰、暴落も気にしなくていい点です!

モデルパターンとして、日経225先物ミニ8枚:TOPIX先物1枚のペアが
バランスのいいものとして推奨されています。
その場合の推奨資金は250万円になっています。

毎月の目標利益が10万円ですから、それが実現すれば約年利50%です。

ミニ1枚づつで始める時は25万円程度の資金ではじめらられるとのこと。

サヤ取りについてもっと知りたい方は無料webセミナーを!

7ab00b2ddbfcf859ef13e268752815dc

システムを稼働するには岡三オンライン証券の口座が必要

自動売買を行うには岡三オンライン証券の口座が必要です。
データを岡三RSSから取得し、岡三証券に発注します。

手動でご自分のお好みの証券会社に発注を出すこともできますが、
システムの基本データを岡三RSSから取る以上、
いずれにしても岡三証券への口座開設が必要です。

日経225先物とTOPIX先物の両方の注文がありますので、
やはり自動売買にしてしまった方が断然便利です。

岡三オンライン証券の先物・OP口座(及び岡三RSS)
WindowsXP以降のパソコン(VPSは非推奨)
Excel2007以上が必要です。

販売期間2017年5月8日(月)まで

■風見鶏の特典対象
■風見鶏自作システム全サイン閲覧
風見鶏自作システム全サイン閲覧サイトご招待

ご購入後にこちらのフォームより申請してください。

  • 販売形態:買い切り型システム
  • トレードスタイル:日経225先物とTOPIX先物のサヤ取り(自動売買)
  • 販売元:有限会社エイブリック
  • 価格:通常価格129,600円⇒特別価格95,710円

特別価格でのお申し込みはこちらから

コメントは受け付けていません。